応援ナースとして沖縄で働くデメリット

沖縄で応援ナースとして働いた経験談と思い出
沖縄で応援ナースとして働くこと、当然デメリットもあります。


<応援ナースのデメリット>
・期間限定なので、長期で安定して働くことができない(期間の更新は可能な場合アリ)
・賞与や退職金、その他手当はない
・即戦力として働くので、環境に慣れるまでは少し大変


<赴任先に沖縄を選ぶデメリット>
・離島の場合、買い物など生活に不便を感じることもある
・沖縄特有の時間のルーズさを目の当たりにすることがある
・季節によっては暑すぎることもある
方言が分からないことがある
物価は高め(安い外食はある)

スポンサーリンク








応援ナースのデメリットは、赴任先が沖縄に限らず共通することかもしれませんね。
しかしながら、それぞれのデメリットは、それ以上にメリットがあるからこそ、みんなが応援ナースが選んでいるような気がします。


例えば、
期間限定であるからこそ、
・沖縄で看護師として働きながら、スキューバダイビングを楽しむ生活をしてみたい
・看護師として働きながら、離島に住んでみたい
気分転換をしながら、沖縄に環境を変えて看護師として働きたい


賞与や退職金、その他手当はないけれど、
・その分、短期間で高収入を得られる
・高収入な分、貯蓄を増やせる


即戦力として働くので、環境に慣れるまでは少し大変だけど、
・新人教育や雑務等をせずに、業務に集中できる
・即戦力として業務をこなすことで、スキルアップを目指せる
など。


また沖縄を選ぶデメリットですが、沖縄は日本と言えども異なる文化があるのも事実。
その異文化を体験したい人にとっては、受け入られる範囲のことではないでしょうかね?


圧倒的にメリットの方が多いので、私はやっぱり沖縄での応援ナースをおすすめしちゃいますね!
もちろん、価値観は人それぞれですので、各個人が熟考してくださいね。