応援ナースの契約期間後の選択は?

沖縄で応援ナースとして働いた経験談と思い出
ほとんどの求人案件が6ヶ月の契約期間のようです。
契約期間終了後はまたそれぞれの道を歩みます。

スポンサーリンク








例えば、
・6ヶ月間沖縄で看護師をすることで心身ともにリフレッシュできたので、元の土地に戻り正社員として看護師に復帰する方
沖縄以外の場所(首都圏や北海道など)で、また応援ナースになる方
・次の職に就く前に、海外旅行に出かける方
・沖縄での応援ナースで作った貯金を元に、海外に語学留学に行く方
・沖縄での応援ナースの生活が気に入り、契約期間を延長する方
・沖縄本島での応援ナースを終えて、沖縄の離島での応援ナースを始める方
・応援ナースとして赴任した病院で、そのまま正社員となり移住する方
などさまざまです。


中でも注目したいのは、多くの人は元の土地に戻っていきますが、契約期間を延長したり、場所を変えて応援ナースを続ける方、そのまま沖縄で正社員となる方が少なくないこと

沖縄の生活に魅了されて、もう少し住みたい、移住してまで住みたい
気の合う応援ナース仲間に出会えて、もっと一緒に働きたい
楽しい時間を過ごせる仲間に出会えて、もう少し一緒にいたい
恋人ができて、離れたくない
・施設の雰囲気や働き方が自分にあっていて、そのまま正社員となりたい

このように応援ナースとして働くことを選ぶ時には予想さえしなかった事態が起きていることもあるですって。

それだけ、沖縄で応援ナースをするということは、人生において大きな意味をもたらすのかもしれませんね。

知らない土地で働くということは、何かしら、違う自分と出合うことでもありますね。
いろいろな意味で成長を味わえる沖縄での応援ナース、とても魅力的なんです。

私は6ヶ月で戻りましたが、そのまま契約を延長していた応援ナースがとても羨ましく感じました!
また機会があったら(現状はちょっと難しいけど)、また沖縄に応援ナースとして働きに行きたいと思っています。