応援ナースから正社員に転身する看護師もいます

沖縄で応援ナースとして働いた経験談と思い出
沖縄で応援ナースとして働いている間に、「このまま沖縄で看護師を続けてもいいな」と思う方が少なくないようです。

それでも、ほとんどの方は元の地域に戻っていきますが、中にはそのまま正社員として沖縄に移住してしまう人もいます。

スポンサーリンク









基本的に応援ナースを受け入れている施設は、看護師の手が足りていません。
そのため、応援ナースとして働いている間に、その働きぶりや振る舞いが評価されて、「正社員にならないか?」と声をかけられることもあるかもしれませんよね。
また逆に、応援ナースとして働いていく中で、その施設の雰囲気や仕事、沖縄の生活が非常に気に入って、自らこのまま沖縄で正社員として働きたい、と思うかもしれません。

短期の予定で来た沖縄に、そのまま移住するという決断は簡単に出来るものではありませんね。
なので、決意するまでにはいろいろなことを検討しないといけないと思いますが、本気で正社員の看護師として働きたい、そのまま沖縄に移住したいと思ったら、早い時点で、ナースパワーのスタッフに相談すると良いと思います。

一緒に働いていた応援ナースも、師長に声をかけられていました。
私は、「契約が終わったらどうするの?」と聞かれましたが、「戻ることになっているんです」と答えたので、それ以上は何も言われませんでしたけど、もしかして「正社員として働かない?」という話だったかも? ただの妄想です。笑


ナースパワーは沖縄にも営業所があるし、多くの応援ナースを沖縄の施設に紹介しており、中にはそのまま正社員として現地に残ったスタッフもいますから、経験上どうするのがベストか、アドバイスをもらえると思いますよ。
また、悩んでいる時に相談にのってもらうこともできるんじゃないかな。

後悔しない選択をするためには、経験豊富なナースパワーのスタッフの相談したり、アドバイスをもらったりするのがおすすめですね。