応援ナースとして沖縄で働くには、転職サイトに登録から

student-849825_640.jpg
応援ナースとして沖縄で働きたいと思ったら、ナースパワーに登録するのが唯一の方法と言っても過言ではないような気がします。

なぜなら、応援ナースというシステムを作り出したのはナースパワーだからです。

他の転職サイトでも類似のシステムを運用しているところもあるようですが、年間3000人が応援ナースとして各地で活躍していることやその実績からしても、ナースパワーは絶対にはずせない選択肢だと思います。

スポンサーリンク









また、ナースパワーは、東京・千葉・横浜・さいたま・名古屋・大阪・広島・北九州・福岡・熊本・沖縄・札幌・岡山の全国13ヶ所に拠点を持っています。

沖縄にも拠点がありますので、応援ナースを検討している人は各施設の細かい情報を聞くことも可能ですし、求人内容の他、沖縄での生活がどのようなものか教えてもらうこともできますね。


また、沖縄に赴任後も困ったことや悩みがあれば、相談にのってくれる人が近くにいるというのはとても心強いと思います。
就職先が決まったら終わり、ではなく、アフターフォローも期待できるのは安心ですね。ただし、就業後の施設内での問題に関しては、対処はできないと思いますので頼り過ぎにも注意してくださいね。


それから、応援ナース契約終了後についても、
・別の地域に応援ナースに行きたい
・元の地域で正社員の看護師になりたい
・沖縄で応援ナースとして契約を延長したい
・沖縄に正社員として移住したい
等の相談にものってくれるでしょう。

求人案件の提案や面接等のセッティングもしてくれると思いますので、契約終了後の希望が出た場合には早い段階で相談すると良いですね。

自分の希望を早期に伝えておくことで、応援ナース契約終了後の生活に困ることがなくなるかもしれませんね。


私は特別頼ることがなかったので利用はしませんでしたが、他の病院で働いていた応援ナース仲間は、契約期間終了後の就職先について相談に行っていましたね。


応援ナースが興味ある方、気になる方は、ナースパワーへ登録をしてみると良いと思います。



登録したからと言って、絶対に応援ナースにならなければいけない、必ず転職しなければいけない、というものではありません。
「将来的にいつかは」、「条件があえば」、「何となく気になる」、という方もとりあえず登録して話を聞いてみることをおすすめします。
実際に話を聞くことで、自分が本当に応援ナースとして働きたいのか、働きたくないのか、みえるかもしれませんしね。

もししつこく連絡が来るような時には、「もう転職先を決めました」などはっきりと断れば大丈夫だと思いますよ!

他にも転職サイトはたくさんあるので、いろいろと登録して求人案件を見てみると、自分がどういうところでどういう風に働きたいのか、見えてくるかもしれませんね!