応援ナースとして沖縄で働くには、転職サイトに登録から

2016/06/14 12:00
応援ナースとして沖縄で働きたいと思ったら、ナースパワーに登録するのが唯一の方法と言っても過言ではないような気がします。 なぜなら、応援ナースというシステムを作り出したのはナースパワーだからです。 他の転職サイトでも類似のシステムを運用しているところもあるようですが、年間3000人が応援ナースとして各地で活躍していることやその実績からしても、ナースパワーは絶対にはずせない選択肢だと思います。 スポンサーリンク また、ナースパワーは..

続きを読む

応援ナースから正社員に転身する看護師もいます

2016/06/13 21:00
沖縄で応援ナースとして働いている間に、「このまま沖縄で看護師を続けてもいいな」と思う方が少なくないようです。 それでも、ほとんどの方は元の地域に戻っていきますが、中にはそのまま正社員として沖縄に移住してしまう人もいます。 スポンサーリンク 基本的に応援ナースを受け入れている施設は、看護師の手が足りていません。 そのため、応援ナースとして働いている間に、その働きぶりや振る舞いが評価されて、「正社員にならないか?」と声をかけられることも..

続きを読む

応援ナースの契約期間後の選択は?

2016/06/12 09:00
ほとんどの求人案件が6ヶ月の契約期間のようです。 契約期間終了後はまたそれぞれの道を歩みます。 スポンサーリンク 例えば、 ・6ヶ月間沖縄で看護師をすることで心身ともにリフレッシュできたので、元の土地に戻り正社員として看護師に復帰する方 ・沖縄以外の場所(首都圏や北海道など)で、また応援ナースになる方 ・次の職に就く前に、海外旅行に出かける方 ・沖縄での応援ナースで作った貯金を元に、海外に語学留学に行く方 ・沖縄での応援ナースの生活..

続きを読む

応援ナースとして働きながら貯金を増やせる?

2016/06/11 13:00
応援ナースは即戦力で働くことから、比較的高収入となります。 そのため、短期間で集中して貯金を増やしたい方にもおすすめの働き方になりますね 生活費の中でもっとも負担が大きい住宅費が無料~3万円程度で済むため、無駄使いをしなければ、 6ヶ月間で150-180万円も貯めることもできちゃいます。 私も結構貯められました。 スポンサーリンク できるだけたくさんの貯金を残したい人は、住宅費が無料のところに限定して求人案件を探しても良いで..

続きを読む

応援ナースとして赴任する時の準備は簡単!?

2016/06/11 10:00
応援ナースとして赴任する時の準備についてです。 ナースパワーに登録をして、実際に応募先施設を決めてから赴任までに、最短で2週間ほどで可能だそうです。 現在、職に就いている人は退職時期も相談しながら、転職時期を決めた方が良いですね。 くれぐれも、現職場ともめて退職とならないよう気を付けてください。 あくまでも円満退社が理想ですよ。 将来、また元の職場でお世話になりたい、と思う時が来るかもしれませんし、転職先でまた一緒に働くことになる同僚がいるかもしれま..

続きを読む

応援ナースで働く看護師、沖縄での休日の過ごし方

2016/06/11 09:00
応援ナースとして沖縄に赴任し、看護師としてしっかりと働くことはもちろんですが、せっかくなので終業後や休日は沖縄を満喫した方がいいですよ! 私も初めは、「遊ぶために来たわけじゃないし」みたいな気持ちがあったのですが、勤務時間にはしっかりと働いているし、沖縄は観光にしてもレジャーにしても楽しめることがたくさんなるので経験しないのはもったいないです。 応援ナースが多く赴任している施設では、応援ナース同士がとても仲が良く、終業後や休日も一緒に過ごすというケースもよくあ..

続きを読む

応援ナースとして沖縄で働くデメリット

2016/06/10 10:00
沖縄で応援ナースとして働くこと、当然デメリットもあります。 <応援ナースのデメリット> ・期間限定なので、長期で安定して働くことができない(期間の更新は可能な場合アリ) ・賞与や退職金、その他手当はない ・即戦力として働くので、環境に慣れるまでは少し大変 <赴任先に沖縄を選ぶデメリット> ・離島の場合、買い物など生活に不便を感じることもある ・沖縄特有の時間のルーズさを目の当たりにすることがある ・季節によっては暑すぎることもある ・方言..

続きを読む

応援ナースとして沖縄で働くメリット

2016/06/10 07:00
応援ナースとして沖縄で働くメリットについてです。 <応援ナースのメリット> ・短期間で高収入を得られる ・新人教育や雑務など本来の看護師としての業務以外を担当せずに済む ・人間関係に悩まなくて済む、悩んだとしても期間限定なので耐えられる ・無駄使いをしなければ、貯金をたくさん増やせる ・住まいが用意されているので、住居費を大幅に削減できる <赴任先に沖縄を選ぶメリット> ・沖縄に住める ・終業後や休日にマリンスポーツを楽しめる ・休日に..

続きを読む

応援ナースの給与はどれくらい? 高収入?

2016/06/09 21:00
沖縄の応援ナースの給与についてです。 看護師  給料 約27万~35万円(夜勤手当込み) 准看護師 給料 約22万~30万円(夜勤手当込み) 看護師の経験年数や赴任する施設により変わります。 それから、赴任先により異なりますが、 赴任準備金(10~20万円)支給、引っ越し代金負担などがあるところもあります。 赴任先への交通費は負担してくれるところがほとんどです。 そのため、実際に赴任するまではほぼお金がかからない、施設によって..

続きを読む

応援ナース 沖縄の求人案件はどんなもの?

2016/06/09 13:00
応援ナースの沖縄の求人案件についてです。 ナースパワーの沖縄の応援ナースの求人を参考にしてみます。 総合病院、個人病院、特別養護老人ホーム、老人保健施設、デイサービスセンター、障害者支援施設、治験などがあります。 スポンサーリンク すでに応援ナースが複数働いているところもあれば、タイミングによっては新規案件もあります。 同時に働く応援ナースの数も、複数の場合もあれば、1人のこともあります。 それと場所ですが、沖縄本島の場合も..

続きを読む

応援ナースとして応募から赴任までの流れ

2016/06/09 10:00
応援ナースとして沖縄に赴任するまでの流れについてです。 まずは、どこで沖縄で応援ナースとして働く案件を見つけるか?ですが、おすすめは転職サイトのナースパワーです。 私もナースパワーにお世話になりました。 【短期勤務】沖縄・離島で働く看護しサイトナースパワー このような案件は、ハローワークや無料の求人誌、求人チラシなどではほぼ見つけられませんでした。 また看護師専門の転職サイトも多数ありますが、応援ナースというのは特殊案件で、扱っているサイトも限定され..

続きを読む

応援ナースとはどんな働き方の看護師でしょうか?

2016/06/09 00:51
応援ナースとはどんな働き方をする看護師でしょうか? 人手が足りない医療施設(総合病院、公立病院、民間病院、特別老人養護施設、老人保健施設など)に、短期(基本的には6ヶ月)で応援に行く看護師のことです。 赴任地域は、沖縄、北海道、首都圏、離島などがあり、希望に合わせて選択が可能。 雇用形態は、派遣ではなく、その赴任する施設の職員になります。 スポンサーリンク どんな人が応援ナースになるかというと、 ・短期間(6ヶ月間)、他..

続きを読む